俺ロックフェスティバル

お勧めの音楽作品を紹介

バンプ見る前に書いておかなきゃいけないこと。 3/27 グッドモーニングアメリカ@なんばハッチ

 

 
3/27グッドモーニングアメリカのワンマンライブに行ってきた。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
僕自身、グドモファン歴約3年で、
フェスやイベントでは何度も見てきてはいるが、ワンマン公演は初めてだ。
 
というか、ワンマンライブというものに行くこと自体が十数年ぶりになるんじゃないかと思う。
 
(嫁の付添いの安室ちゃんとKen Yokoyamaのツアーはゲストありなんで除く)
 
別にいわゆる「ぼっち参戦」でも全然平気なんだけど一応嫁を誘うと珍しく「行きたい」
との事なので一緒に行ってきた。
 
このツアーは昨年の10月にリリースされたアルバム
のレコ発に伴うツアーであり、
また11月に初の武道館公演を成功させた彼等にとっての第2章の始まりでもある。
 
17:00開場と同時に中へ入る。
twitterを開くと当日券ソールドアウトとの情報が入る。
売り切れようが余ろうが自分が見る分には変わりないのだが、
やはりアーティスト側の気持ちやテンションも全然違うと思うので素直に嬉しい。
 
開演直前出来るだけ前で安全な場所へと思い左前方の端っこらへんで待機。
 
BGMが鳴りやみ証明が消える。普通のバンドならここから始まるのだが、
 
このバンドにはあの男がいる。
 
グッドモーニングアメリカに行きたいかー?」
この怒鳴りとともにはじまったBGMは「アメリカ横断ウルトラクイズ」の曲だった。
(若い子わかんねえだろ笑)
 
グッドモーニングアメリカに行きたいかー?」
 
たなしんはそう叫びながらモッシュピット後方の扉から現れ、まさに客席を横断!
(厳密には縦断になるのか)
お客さん2名を連れてステージへ。
(ちなみに僕、たなしんに触った。)
 
そして「勝ち抜いた2人(?)」にたなしんクイズが出題された。(以下割愛)
 
余興も終わり、いよいよ本編へ。
 
1曲目はアルバムのリード曲「ディスポップサバイバー
いきなりフロアはモッシュの嵐。
(嫁いきなり転倒のためとにかく安全なところへ笑)
 
続けてキャッチ&リリースと新旧のキラーチューンを惜しげもなく演奏。
 
しかし、この曲終わりで中断。なんとギターの渡辺の音が出ていない様子。
 
場内からは「弾き語りやってー」との声が上がったが叶わず。
 
気を取り直して再開、ポップ過ぎずマニアック過ぎない名曲「心臓えぐって」。
 
「心臓えぐって」なんてフェスで聴いたことないからね。
もうこの時点で僕は3900円払った価値あり。
ということはこの後は僕にとってはフリーライブなのだ。ただでグドモ見れるんだ。
(妄想おわり)
 
 
そこから新旧織り混ぜながらライブは進んでいく。
 
 
 
個人的に思ったのは、やはり「コピペ」は素敵な曲だという事。
今年も沢山フェスに出るんだろうけど、セトリから絶対はずして欲しくないな。
今、グドモに興味ない人をも振り向かせる、そんな力を感じる曲。
 
 
 
中盤、金廣がハンドマイクで太鼓叩きながら歌う「ビッグバン」を終え、MCへ。
 
 
 
先日、このなんばハッチで開催されたWelcome Alexandrosにゲストで出演した話しから、その後の打ち上げの話しへ。
 
 
「これ話しちゃっていいのかなー」と話そうか話すまいかという感じで話し始めた金廣。
 
「で、最後高橋優君がこうなっちゃって笑  もうそこにいた皆が、拍手…喝采!」
からの「喝采」。
 
何気に話し出したMCの落ちと曲名を見事にマッチさせて演奏が始まった。
千原ジュニア級の持っていきかただった。(思わず、「おぉー」って声出ちゃったもんね)
 
 
そして終盤、「空ばかり見ていた
からの「inトーキョーシティ
でこの日の盛り上がりピークをみせた。
 
 
そして本編ラスト。
照明が消え、金廣にピンスポが当たった
 
 
ああ 思うようにいかない事ばかりさ それでも生きていくんだ 
 
 
 
ニューアルバムのラストを飾る曲
一陽来復」。
 
グドモ史上最高の奥行きを持ったロックバラード。
 
 
僕はフェスにしてもそうだけど、ライブに行くときは
「今日はこの曲を聴きに来た」
という曲が必ずあって今回はこれだった。
 
本編終了。
 
アンコール。
1曲目は客席からのリクエストにこたえるという。
僕は「コールアップ」と大声で叫んだが届かず。
 
選ばれたのは「言葉にならない」。
今日の盛り上がりを象徴するかのような一曲となった。
 
そしてラストはおなじみ「未来へのスパイラル」。大合唱でライブ終了。
 
 
「グドモ第2章」と自ら銘打ってライブ活動を行っている。
 
グドモ第1章は「自分探しの旅」だったんだと思う。
昨年は大きな野外フェスのトリや武道館公演を経て、また悔しい思いもして
「自分の種」を見付けたのだと思う。
 
まだ生きてる意味わからない
自分咲かす旅 心の光照らし
 
グドモ第2章はいよいよ「自分咲かす旅」きれいな花が咲くことを願い、これからも応援していきます。
 
 
 
さぁ次は4/9BUMP OF CHICKEN @京セラドーム!
 
バンプのワンマン見るのは15年振り、フェスを含めても9年振り!